渡すのが正しいのですが

カードを店舗にて使う場合もれなく経験したことがあると思うのだが、レジの担当者がわからないためいったいどの紙を客に渡したら良いのか迷うときがあるのではないでしょうか。ピューレパール

といいますのも、カードを機械に通すと、専用端末からは3枚1組の使用レシートというものが出てくるためであり、これらのうちどの1枚を利用者へ渡すべきか迷ってしまうというケースがあるのです。iphone6s 予約 au

枚のレシートの解説)それではこの複数枚のレシートの解説とはいかなるものなのかということについてまとめると下の通りとなります。値段だけなら湘南美容外科が安い

お客様に渡す用の利用明細。ケノン

店舗控えレシート。

カード会社保管用利用明細(署名を書く紙)。

普通であればあたりまえのように利用者の方へ渡すべき使用レシートを渡すのが正しいのですが、稀に店舗控え用の使用レシートの方を客へ渡してしまうケースの他記名をした方の明細レシート自体を渡してしまうなんていう大きなミスすら存在します。

特にパートスタッフなどや、さほどクレカというものが使われないお店でクレジットカードを使うとそれらの店舗従業員の焦りを垣間見ることが出来ることでしょう。

もしスタッフが誤った利用レシートを渡そうとしたときは怒らずに「これは違いますよ」などと教えてみてはいかがでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.