こちらから税金についての話をしなければ

自動車を持つあなたは承知だのはずですが、自動車税を支払う義務があります。

それでこれは査定に出す自動車の買取の際に一般に戻ってくるのです。

これって現実に実行してみると理解できますがでは頭から流れを詳細に紹介していきます。

ちなみに補足しておけば国産の自動車に限らず外車も税金が戻ってくる範囲に決まってます。

当然中古車についてもそうですね。

自動車税という税金は車を所有している人が支払うものなのですが、この金額はそれぞれの排気量により決められています。

1リッターより小さいのであれば29500円となり1リッターより上で1.5リッターまでなら34500円になります。

これ以上は500cc毎に5000円増えていきます。

この税金は4月1日の時点で車を保有している人が、来年3月までの自動車税を支払うことになります。

ということは事前納付になるということですから、もちろん車を売ってしまって所有権を手放した時などは先に払った分の税額は還ってくるということです。

税の場合は前払いでその年度の全額を納付しますので一年以内に愛車を売却したときは入れ替わった所有者がお金の納付義務を負うということになります。

買取先が買取専門店であれば売却した際に自分が支払いすぎた税額を返してくれます。

要は所有者でなくなった日以降の税は権利が移った所有権を持った人が支払わなければならないのです。

例えば10月に愛車を手放した際は11月以降翌年3月いっぱいまでの払った税金は還ってくるのです。

それは繰り返しになりますが自動車税という税金は一年分を先に支払っているということからも明らかです。

ということはあなたは売却先に税金を返金してもらうということになります。

業者を介さずに車を引き取ってもらう際に、意外とこのような重要な事実に気づかない方が見受けられるのでしっかり忘れないようにすることです。

自動車税という税金は自動車を売った際に返ってくるという知識をあまり知らない人が多い事をいいことに、それを悪用している悪質業者もいるのです。

こちらから税金についての話をしなければ、完全に自動車税のことについて説明しないという場面もよく見受けられます。

なので愛車の買い取りを依頼する時には、払いすぎた税金が返ってくるのかどうかの確認を忘れないようにする必要があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.