www.shaunwong.com

中古車の査定のポイントとして焦点を当てられる点として走行距離が挙げられます。多くの場合走行距離はマイカーの耐用年数とみなされることも多くありますので走行距離が長いとそれだけ、買取査定にとってはマイナス材料となります。普通は走行距離そのものは短いとそれだけ自動車の見積額は上がりますが実際はそんなに詳しい目安は存在しなく決められた目安で査定されます。これというのは実際、車を店で下取りに出す時も重視される査定の大きな留意点です。例えば普通車ですと年間標準走行距離1万キロで線を引いて10000km以上だとマイナス査定の要因になるのです。軽自動車ですと、年間走行距離が8千kmがまた年式が古い割に走っている距離が小さいケースでも、査定金額が上がるとも一概には言えません。実際にやってみたらとてもよく分かりますが車は放っておかずに乗ってあげることによってもコンディションを維持しますから年数の割に短い走行距離の車だと、故障を起こしやすいと見られる場合もあります。もちろん車を売る際も当てはまります。年式・走行距離での見積査定の留意点は年数にたいして程よい走行距離になっているかというところです。その自動車の年式も、車見積査定の注意点です。しっかり把握してるというような方が多いと考えていますが、普通は年式は最近であるほど買取査定では有利なのですが例外としてその年式に希少価値があるブランドは、昔の年式の場合でもプラス評価で査定してもらえるケースがあります。、同様のブランドで同一の年式であったとしても、その年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジがされているものは当然、そのブランド次第で買取額は変わってきます。全く同じ車の下取り額という場合でも様々な要素で評価は変化してくるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.