www.shaunwong.com

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨をトレードして利益を上げる投資です。売り買いの価格は常に変化しています。それがレートです。テレビを見ていると外貨のマーケットの情報が流れることがあります。例としてあげると、「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを示しています。すなわち、取引には、買いと売りの両方の値段があります。売値、買値ではなくビット、アスクと表している業者も存在しています。普段は買値よりも売値が安く設定されるものです。実際に買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差額をスプレッドといい、取引会社の儲けのひとつとされています。スプレッド幅は業者によって変化します。スプレッドの広さは経費になるので狭いFX取引会社をセレクトしたほうが有益です。ただ、同じFX会社でも場面によってスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。例えば通常はドルと円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差だったとしても相場の上げ下げがとても大きいケースでは1銭よりも大きくなったりします。そのため、スプレッドが狭いのと同じく、変化しないということが大事です。決まったスプレッド幅を見せるFX会社もあったりします。現実にFX取引会社の売り買い画面の中で相場を確認しなければ判断できないので面倒くさいですがとても大事な事です。大事なお金を預けて売買をしますので、実際の取引の前に興味がある会社の新規取引口座開設をどんどんして提示されているスプレッドの狭さをチェックしましょう。同じペアでも、その瞬間のマーケットの状況によって、外貨のスプレッドの幅は異なる場合があります。一般的には、インターバンク相場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が小さく、この他の通貨ではスプレッドが広くなる事があります。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.