www.shaunwong.com

外為取引(FX)の投資に関してのターゲットは世界各地の貨幣があります。公式貨幣についての事を理解してみたいと思います。・公式貨幣には「基軸通貨」という呼び方でよばれている公式通貨があります。基軸通貨の意味ですが世界各国間の決済や金融商品の取引において中心的に活用される公式貨幣のことであり、今日ではアメリカドルを意味します。以前は£(イギリスポンド)基軸になる通貨でしたが、第二次世界大戦後は米ドルになるに至ります。・FXにて売買されている流通通貨の種類は他で言う外貨投資に比べてみて格段に豊富というのが特徴なのです。FX専門業者間により流通貨幣の種類に際しては異なっているのですが、通常ではおおよそ20種類ある模様です。その中で変動が高い貨幣をメジャー通貨と呼びます。変動が大きいという意味は売り買いが盛んに実行されているという事を示していて流通通貨の商売が簡便なことです。主流の流通通貨には上記で言いました基軸通貨であるアメリカドルに、日本の円、ユーロの3種の通貨があって、世界三大通貨と呼ばれております。スイスのフラン、豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われております。世界三大通貨と準メジャー通貨以外の変動が小さい通貨に関してはマイナー通貨と称されて、かなり国の勢力や経済力が乏しい国での流通貨幣で、南アフリカランドや人民元、インドルピー、トルコリラなどがメジャー通貨については、売買されているレベルが多量なから値動きが横ばいで情報の数もたくさんあるそうです。マイナー通貨においては、利子の面で高額な通貨が多いから値の変動が激しいらしいです。値の乱調が大きいということは、甚大な収益を頂く好都合が存在しますが、その分リスクも大きい事があります。重ねて変動があまりない公式通貨であるからして、かたを付けしたいと思っている時に限って終了が不可能な可能性があるので気をつけましょう。何の通貨を選択するのかは各々の流通通貨の特性を十分に調査してから試みる必要があると考えます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.