www.shaunwong.com

お店でみなの保有カードが使用可能なわけではない◆クレジットカード会社の加盟店舗は多くの場合、ときには5を超えるカードブランドと契約しているわけですが残念ながらショップで全部の種類の契約カードが切れるのでもありません。以前からある加盟店のときはJCBロゴの付いているそのカードしか決済できないときもあるし、新しい契約店の場合VISA、MasterCardといったマークの書いたやつしか決済できないときもあります。ディスカバーカードなんかのクレカ会社の場合はさらに使用不可な店舗が増えると思います。何のブランドの所有クレカが決済可能かというのをどんな方法で見分けるといいか?「じゃあいかなる方法でどのロゴのクレジットカードが切れるかを見たらいいのか?」といってみても確実に判断するにはお店の人にお見せしてみる以外にはないというのが実はその答えになります。ただし大体の売り場やホテルにはその見えるところとかに決済可能なクレジットカード会社のマークがプリントされている加盟シールが貼り付けられているんで、「なるほどそこのショップはダイナースカードが使えるのね」といった感じで迷わないようになっているので記憶にとどめておいてください。とはいっても、ちゃんと加入管理が出来ていない加入店で切るときには、印が貼り付けられているのに「今はお客様のクレジットカードはご使用いただけません」などという対応を受けるなどという状況もないといえなくもなく、メンツをつぶされてしまうことだけは避けたいところです。そこで、可能な限りは全ての店舗でカードが使えるようにする目的を考えると、異なるマーク(欧米圏のブランド)が入っている一般的なMasterCard、JCB、ダイナースカード、アメックス、などのカードを2、3枚持つようにするようお勧めします。(例:ライフカードをすでに持っているならその次はアメックス契約のクレジットカードを申し込むとする等)。もっぱら日本においては、VISA、MasterCard、JCBの3つの契約が入っているクレジットカードをそれぞれ持っておけば、ほぼ日本全土の加入店舗でいずれかのカードを渡すよう準備万端というわけです。クレジットカードを契約して日常的に節約を継続していくには、これらのクレカを使えるようにしておいていただくようお勧めします。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.