www.shaunwong.com

車を走らせている時、「車を使ったままで直ぐ融資可」などという掲示板やお知らせが偶然見かけることも多いかもしれません。これらの宣伝看板は、車を担保として融資する広告群であることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、耳にしたことがあっても、具体的にどういった融資のされ方なのか割と把握していない人もいるはずです。車担保融資とは、それだけ少数派のキャッシング方法ともいえます。車担保融資では、愛車を返済に行き詰った際の保険にすることで、クルマの現状の売値価格を出し、その金額の査定限度中でキャッシングを行っているはずです。自動車買い取り専門店での査定と同様に、キズがある車や修復歴がある車であったりする場合は、査定の見積もりが安くなることがあるはずですので自動車を担保としてお金を融資を受ける場合には意識しておくといいかもしれません。車担保融資は、「車」という目の前に存在するするものを抑える方法ですので、銀行などでローンがストップしている人でも問題なく査定範囲内でのローンキャッシングを行ってもらえるようです。さらに、銀行や貸金業者でのローンキャッシングには多種多様な手続きの流れや厳しい審査などがありますが、クルマという担保を使って行うローンですから、そういったものが必要としないということもあるはずです。つい最近では、クルマを返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、車を現状と変わらなく引き続き利用することが出来る車を利用した担保融資も増えてきていると思います。但し、このキャッシング方法のデメリットとしては、愛車の評価額にローンの価額次第ですので、所持する愛車によって、自身が希望する金額のキャッシングを受けられないということもあるはずです。クルマを返済ができなくなった際の保障にしますから、もし返済が出来なくなったケースは、直ちに愛車を手放さなければならないという、弱点です。車が暮らしで欠かせないものである地域では、クルマを、担保とするローンキャッシングの方法は、随分危険があるといえると思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.shaunwong.com All Rights Reserved.